加瀬あつし先生の最新作『くろアゲハ』の1巻が発売中!


(C)加瀬あつし / 講談社

(C)加瀬あつし / 講談社

1990年代に大ヒットしたヤンキー漫画の傑作『カメレオン』の続編、『くろアゲハ』(月刊少年マガジン連載中)の1巻が発売中だ!

下記サイトで第1話の試し読みが出来ます。
◆『くろアゲハ』作品紹介(講談社コミックプラス)

あのヤンキーマンガの金字塔・『カメレオン』が、14年ぶりに復活!『カメレオン』『ジゴロ次五郎』の加瀬あつしが、マンガ家25周年を期に放つ最新作!! 時は『カメレオン』最終回から7年後、舞台は成南、主役は女装!?“OZ二代目”・山本都姫と、彼女に想いを寄せる高校生・星野英太。英太は、実家のスナックをホステス“エイラ”として手伝う日々。ある夜、女装姿のまま都姫と出会い、意気投合してしまう‥‥OZ初代解散から七年、相沢が、椎名が、ヤザワくんが今も生きる街で、新たな暴走神話が生まれる!
(作品紹介より)

私も昔からヤンキー漫画が大好きで、『カメレオン』連載当時ハマっておりました。今読んでもおもしろい!
先生は『カメレオン』で平成11年度 第23回講談社漫画賞・少年部門を受賞されています。

なんと加瀬先生も練馬区に住んでいるのだよ。

加瀬先生の漫画といえばかっこいいヤンキーが沢山出てくる反面、下ネタ駄ジャレが逸品なのですが
ある下ネタ全開の回で、相沢がメーテル、坂本が鉄郎のコスプレをするシーンを描いているのですが、そのせいで松本零士先生に呼び出され、こっぴどく怒られたという伝説が…漢よのぅ。

『カメレオン』終了後も、


『ジゴロ次五郎』
ヤンキーのカリスマを兄に持つダメな弟、次五郎が強く格好よくなっていくお話。
でも兄ちゃんが格好良すぎます。


『ゼロセン』
零戦に乗っていた軍人が現代に蘇り、教師となってヤンキーたちに日本男児の心意気を教えるお話。
スカっとします!


『ばくだん!』
幕末男子=ばくだん。幕末にタイムスリップした主人公が新撰組に入り、歴史を変えるお話。
新撰組の面々が魅力的!

などなど、説明がざっくり過ぎですが、とてもおもしろい作品を多く描いておられます。
あ、『ポリ公マン』は読んでませんでした…スイマセン。

そして今回の『くろアゲハ』も相当おもしろいぞ!毎回楽しみです。
良い子のみんなも是非読んでみよう!



関連記事

この記事にはタグがありません。

2 comments to this article

コメントを残す

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.