聖地巡礼(小説編)


■【マンガ編】
■【アニメ編】
■【小説編】
■【実写・バラエティー編】
■【パワースポット編】

練馬を舞台にした作品・練馬が登場する作品 【小説編】

hidamari
陽だまりの彼女(越谷オサム)
– 「女子が男子に読んでほしい恋愛小説NO.1」
原作小説は大泉学園南口が舞台。「だんごの美好」、今はもう無くなってしまった青果店「フレッシュさくらい」、練馬西税務署、白子川などが出てくる。
松本潤主演で実写映画化されるが、舞台は湘南になってしまった。

tenshi
天使の卵(村山由佳)
– 舞台が大泉学園。こちらも実写映画化されている。
同シリーズ「天使の梯子(はしご)」「天使の柩(ひつぎ)」も同地区や石神井公園近辺が舞台となっている。雑誌ダ・ヴィンチ236号では、20歳まで界隈で暮らしていたという石神井公園での著者近影が掲載されている。

syakujiibasi
石神井橋(出雲 優生) – 作中に登場する石神井橋は三宝寺池(石神井公園)に架かる橋がモデルである。

他多数。

コメントを残す

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.